ABOUT DIKE
DIKEについて
使い方は驚くほど簡単
CONTENTS
サービスの内容
弁護士の
事前アドバイス
本依頼の前に、申立てが認められる見通しについて弁護士がアドバイスします。 ここでやめることも可能です。その場合、お支払いいただくのは相談料のみです。
現在利用可能なサービス
申し立てに必要な
書類の作成・収集
申立ては通常、コンテンツプロバイダ(CP)とアクセスプロバイダ(AP)に対し順次2回行う必要があります。この2回の申立てに必要な書類を弁護士が作成・収集します。
※オプション
弁護士による
サポート
場合によっては裁判所と更なるやりとりをしなければならなくなる場合があります。そのような場合に、別途弁護士によるサポートを依頼する事ができます。
FLOW
全体の流れ
STEP
01
アカウント作成・必要事項の入力
アカウントを作成し、必要事項を入力していただきます。ご安心ください。
入力していただく情報はごくわずかです。
現在利用可能なサービス
STEP
02
弁護士の事前アドバイス
いただいた情報をもとに、弁護士が見通しについてアドバイスします。
現在利用可能なサービス
STEP
03
本依頼するか決定
アドバイス後、本依頼するかどうか決定します。
やめる場合は相談料のみ。
STEP
04
弁護士が書面を作成・あなたに郵送
いただいた情報をもとに、弁護士が必要書類を準備し、ご住所宛に郵送します。
STEP
05
書類の提出 1回目 -対CP用-
届いた書面に1ヶ所だけ押印し、同封してある提出用封筒に入れてポストに投函してください。
STEP
06
結果の入力
DIKEに1回目の結果の内容を入力します。
STEP
07
弁護士が書面を作成・あなたに郵送
同じように弁護士が2回目用の書類を作成しご住所宛にお送りします。
STEP
08
書類の提出 2回目 -対AP用-
押印してポストに投函してください。
STEP
01
アカウント作成・必要事項の入力
アカウントを作成し、必要事項を入力していただきます。ご安心ください。
入力していただく情報はごくわずかです。
現在利用可能なサービス
STEP
02
弁護士の事前アドバイス
いただいた情報をもとに、弁護士が見通しについてアドバイスします。
現在利用可能なサービス
STEP
03
本依頼するか決定
アドバイス後、本依頼するかどうか決定します。
やめる場合は相談料のみ。
STEP
04
弁護士が書面を作成・あなたに郵送
いただいた情報をもとに、弁護士が必要書類を準備し、ご住所宛に郵送します。
STEP
05
書類の提出
1回目 -対CP用-
届いた書面に1ヶ所だけ押印し、同封してある提出用封筒に入れてポストに投函してください。
STEP
06
結果の入力
DIKEに1回目の結果の内容を入力します。
STEP
07
弁護士が書面を作成・あなたに郵送
同じように弁護士が2回目用の書類を作成しご住所宛にお送りします。
STEP
08
書類の提出
2回目 -対AP用-
押印してポストに投函してください。
誹謗中傷者の特定
裁判所から誹謗中傷者の氏名や住所が開示されます。
少しの入力と、押印・ポスト投函だけで完結。

※弁護士対応が必要となった場合には別途サポートを依頼できます(オプション)。
DETAIL
サービスの詳細
弁護士の事前アドバイス
いただいた情報をもとに、申立てが認められそうかどうかについて弁護士が検討し、見通しを文章で回答します。
書類の作成
DIKEで作成・準備を依頼できる書面は以下の通りです。
① 対コンテンツプロバイダ(CP)用書面
(ア) CPに対する発信者情報開示命令及び提供命令申立書並びにその別紙
(イ) (ア)で言及している疎明方法各種
(ウ) (イ)の証拠説明書
(エ) (イ)の写し
(オ) CPの資格証明書(海外法人登記を含む)、申立人の資格証明書(※国内法人の場合のみ。)
(カ) CPの資格証明書が海外法人登記である場合にはその訳文
(キ) (ア)の管轄上申書
(ク) (ア)に貼付する印紙
(ケ) (ア)と一緒に予納する郵券(切手)
(コ)  ①の提出用封筒
② 対アクセスプロバイダ(AP)用書面
(ア) APに対する発信者情報開示命令及び提供命令申立書並びにその別紙
(イ) (ア)で言及している疎明方法各種
(ウ) (イ)の証拠説明書
(エ) (イ)の写し
(オ) APの資格証明書(※国内法人の場合のみ)、申立人の資格証明書(※国内法人の場合のみ。)
(カ) (ア)の管轄上申書
(キ) (ア)に貼付する印紙
(ク) (ア)と一緒に予納する郵券(切手)
(ケ)  ②の提出用封筒
弁護士によるサポート   ※オプション
① 裁判所対応(出廷・出張を要さないもの)・相談等
② 裁判所への出廷・出張
③ 2回目以降のAP用書面の作成